楽しくサイクリング

サイクリングをする際のコースの決め方

サイクリングをするときは自由気ままに走行するのではなく、事前に目的地を決めてその目的地に向かって走行することが多いはずです。その際、目的地までのコースには適切な決め方があるのです。
まず、出発場所から目的地までの大まかな距離を測ります。ここでの距離とは、直線距離ではなく通行可能な道路を走った場合の距離です。スマートフォンのナビアプリやインターネット上のナビサイトを使えば簡単に距離を知ることができます。距離を測ることが出来れば到着までに必要となるおおよその時間が分かるため、無理がない距離の目的地を選ぶことが重要です。初心者であれば、1時間に20km程度が目安となります。
そして、目的地までの道のりは一般道ではなくサイクリングロードを組み込みましょう。サイクリングロードは自動車が走行できないため安全なだけでなく、道を間違えることが少ないのです。
サイクリングをする際のコースは、距離と時間に気をつけて決めることがポイントです。

快適に走ることができるサイクリングコース

サイクリングでは、目的地での観光や食事だけでなく自転車で走ることそのものも楽しみの一つです。自転車で走るときに、快適に走ることができるコースがあるのです。
そのコースが「サイクリングロード」で、全国の川沿いにあることが多く、例えば関東では江戸川や多摩川、荒川など主要な河川のすぐ脇の道がサイクリングロードになっています。
特徴として、自動車が進入禁止となっていることが挙げられます。自転車で一般道を走るときには自動車が多いと非常に危険で、時には事故が発生することもありますがそういった危険性がないのです。また、曲がり角も少ないため長い距離を速度を落とすことなく走り続けられることも魅力です。
しかし、自転車専用道ではないため歩行者も歩いています。スピードの出し過ぎやトレインと呼ばれる複数で隊列を組んだ走行は控えるようにしましょう。
自転車で走る際には、サイクリングロードをコースとして設定することがおすすめです。

Favorite

2017/5/9 更新